DVORAK配列

Windows 2000/XP編

QWERTY配列とDVORAK配列をオンザフライで切り替えられるツールもあるようだが、 ここで説明するのはツール不要、 レジストリの書き換えだけで実現する方法である。 但し、完全にDVORAK配列オンリーの環境になってしまうので、 QWERTY配列利用者とマシンを共有することはできなくなる。

レジストリエディタ(regedit.exe)で、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
を開き、 ここの"LayerDriver JPN"の値をKBDDV.DLLに変更し、リブート。 以上。

FreeBSD編

コンソールをDVORAK配列にするには、
prompt$ kbdcontrol -l us.dvorak
を実行する。 (左CTRLとCapsLockを交換したい場合には、us.dvorakxが使える)

OS起動時に有効にするには、 /etc/rc.confに
keymap="us.dvorak"
を書いておく。

XFree86環境では、 XF86Config中のKeyboardセクションでxkbの定義を行うのだが、 ここに
KkbDisable
と書いておくことで、 コンソール用に定義した配列(上ではus.dvorak)をそのまま有効にすることもできる。


Presented by kanai@nadmin.org
Jan. 9, 2002
Home